FC2ブログ

Blue Lounge サンクチュアリ(ホワイト) The Sanctuary White BLD-ST-WT

ここでは、「Blue Lounge サンクチュアリ(ホワイト) The Sanctuary White BLD-ST-WT」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
Blue Lounge サンクチュアリ(ホワイト) The Sanctuary White BLD-ST-WTBlue Lounge サンクチュアリ(ホワイト) The Sanctuary White BLD-ST-WT価格:
中敷きはリバーシブル

価格がネックでずいぶん悩みましたが、思い切って購入しました。光沢があり適度な重量感のある外枠や、起毛した中敷きなど、シンプルな中にもそこそこ高級感がありデザインは良いと思いました。その点だけで、私はある程度満足しています。中敷きですがリバーシブルになっていて、裏面は段ボール色に近い明るいブラウンです。こちらの色はちょっと安っぽく感じますが、これはお好み次第ですね。欠点はほかの方も指摘していますが、各デバイス用のコードの短さ。使い勝手を考えると倍の長さがあって良かったのではと思います。ただ、つぶしが効くように設計はされていて、各種専用ハーネスのほかに、USB専用が1本と、USBジャックも1つあるのでそこに手持ちの変換ケーブルをつないで、私の環境では思うようになっています。サイズは少し小さいかなと感じましたが、これ以上サイズアップすると、今度はデスク上ではもてあましてしまうし、痛し痒しですね。私の使用環境ですが、携帯電話の機種が小さいマイクロタイプのものなので、DSliteとPSPが配置できています。一般的には「携帯+ポータブルオーディオ+DS」くらいが現実的ではないかと思います。欲張らなければなかなか便利で「複数デバイスが1度に充電できる物置」としてのコンセプトは非常に有用と感じています。
Blue Lounge サンクチュアリ(ホワイト) The Sanctuary White BLD-ST-WT
あまなつAdhover Blue Lounge サンクチュアリ(ホワイト) The Sanctuary White BLD-ST-WT
◇アマゾン販売価格◇¥ 17,820(税込み)
◇定価◇¥ 19,800(税込み)
◇値引◇¥ (%OFF)
◇発送可能時期◇在庫あり。
BlueLounge
CE
◇ASIN◇B001E1DHUY

電気 | コメント:0 | Page Top↑
amadana(アマダナ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。